2017.10.24

 

前回の[働くこと]の続き。

 

思いつきで書き始めたものの、

なかなかどーも長くなりそう。

しかも結構内容がとっちらかりそうな予感満点。

我慢して読んでください。

 

 

特に何をするかを決めずに来たデンマーク。

それでもしたいことは2つほどあった。

それは[北欧を一周すること]と、[どこかで働いてみたい]

の2つ。

 

「北欧一周」はただの旅行。

「働く」は現地の文化や習慣をより深く経験できると思ったから。

そしてどうせ働くなら、物作りが有名なこの国で

そういった「作る」の現場を体験したいなとおもった。

 

で、最初の1ヶ月はコペンハーゲンを観光しながら、

いくつかプロダクトのデザイン事務所やメーカー、

グラフィックの会社にも作品集を送ったりして、

コンタクトを取ってみた。

 

でもいかんせん返事は全然芳しくない。

「今は募集してないんだ。ごめんねー」

ていうのがほとんどだった。

僕が年末に来たからなのか、

「年明けからだったらインターン募集するかもしれないよ」

と数件返信をもらったので、

年明けからインターンでもいいっかーと思いながら、

でも年始までの2ヶ月ほどどうしよう・・・・

 

あ!
北欧一周じゃ!!

と思い出し、旅に出ることに。

 

そしてネット色々調べると

なんとデンマークの北の地で陶芸家さんが

住み込みで働く人を募集していた!

陶芸家。

何やら面白そう。

なので早速連絡し、

そこに行ってみることに。

 

⬇︎そこらへんのことはここらのブログに書いてます。

穴窯はANAGAMA

デンマークで大富豪

 

そのデンマークの北の地から、ノルウェーに渡り、

北欧一周の旅に出る。

その旅の途中、

僕の常識が覆される出来事が起こる。

 

それはこちらのブログ

いるものいらないもの

 

 

その出来事を一行に要約すると、

「必需品が必需品ではなかった!」

ということ。

 

ただ洗顔がなくてもやっていける。

ということに気がついた。

ただそれだけの出来事だが、

僕の中で絶対的で当たり前のように必要だと思ってたものが、

実は必要ないと思えた衝撃的な出来事だった。

 

それからというもの僕は何かと自分のまわりにあるものに対して、

本当にそれ必要なのかな?

と色々と考え、見直すようになった。

 

その1つがこの「働く」とういうこと。

この働くって必要か?

みたいなこと。

 

続きはまた次回。

 

 

Working Vol.2

I am going to write the continuation of previous post. I started to write it on impulse, but it is going to be long post. Moreover, I have the premonition of the content is going to be scattered. Please lead with patience.

Denmark I came without my purpose, but I had 2 things I want to do. Those are traveling around Scandinavia countries and working at somewhere. That 2 things. And if I work anyhow, I wanted to experience the field of making something at this country which product design is famous. So, I tried to contact some product offices, manufacturers, and graphic design offices while I looked around Copenhagen for the first a month. But their answer was not very good like they almost said “We are sorry, not looking for staff now.”

I was not sure its time when I contact them is the end of the year, though. I got some replies like “We will recruit an internship after the New Year”. So I thought that it was also good to join there as an internship. But I wonder what to do for about 2 months until that time….. And then, I remembered to travel around Scandinavia, I decided to go on a trip. I found out the recruitment to help the ceramic artist who is in the northern Denmark on the internet on the way to searching about Scandinavia countries. Ceramic Artist? sounds fun! Then I contacted him quickly, and I tried to go there. I wrote the story at that artist house on the previous posts. →穴窯はANAGAMA

After that, I went to Norway from that northern Denmark, I started to go on a trip of Scandinavia. On the way to that trip, the thing common sense in my mind totally changed occurred. That story is here→いるものいらないもの. In summary only one sentence, “necessity was actually not necessity. I just realized that I can live without a face foam. It was only that, but for me, it was really shocking thing which I absolutely and always need stuff did not need actually.

After that thing occurred, I became to reconsider about things around me “ I wonder if those are really necessary?” something like this. That one of the thing is “working”, this working is necessary?

The story will continue.