2017.10.23

 

ビザの期限も残りわずかになった。

早いなー1年は。

なので、この期間で考えたこと、

感じたことも気ままに書いていこうと思います。

 

異国の地という

ある意味孤独な環境だったので、

自分自信について良くも悪くも考える

そんな期間だったなーと、

今振り返ると思う。

 

その中でもよく考えたこと。

それがこれ

 

「働く」

 

ということ。

 

この「働く」について、

いろいろな国でも様々な思考を巡らせ、迷走させ。悶え。

それを考えるようになっただけでも、

ここに来て良かったなと思う。

 

 

まずはデンマークに来る前の話をします。

僕のしていた仕事について。

 

僕はグラフィックデザイナーとして

東京のデザイン事務所で4年ほど働いていました。

グラフィックデザインについて説明すると、

小さいものでは企業のロゴから商品のパッケージ

街中の広告、施設のサインなど、

ものすごく多岐にわたるデザイン分野。

昔は印刷物がほとんどだったけど、

今は Webや映像にも範囲を広げている。

なので、会社内での仕事も幅広かった。

 

この仕事は基本的に忙しい。

なぜなら作り仕事なので、はっきりした終わりがない。

デザイナーの満足がいくまで作業は続く。

だいたい締め切りギリギリまでパソコンの前にいたりする。

業界的に終電まで仕事は当たり前。

残業代なんてものはない。

ていう所がほとんどだと思う。

僕がいた会社もみんな毎日だいたい終電まで残ってた。

僕はチャリ通だったので、

深夜の1時2時までやったり、

時には泊まったりみたいなことも多かった。

世間的にみると完全にブラックだ。

でも会社の人はみんないい人だったし、

何よりこの仕事が好きだった。

だからそんな毎日でも全然問題なく、

むしろ楽しかった。

 

でも4年経ち、辞めることを決断した。

辞めた理由はいろいろあるけど、

一番はもっと世の中を見てみたいと思ったことだ。

僕は高校卒業して1年韓国に留学したことがある。

そこで特に何をしたというわけじゃないけど、

海外に住むということだけで、

僕の視野はものすごく広がった。

それがなかったら東京で働くという選択肢が

自分にあったかどうか疑問に思うくらい。

 

そんなこともあって

もう一度外国で暮らしてみたいと思うようになった。

思ってしまったら、

やらないと気が済まない性格なので、

すぐ会社も辞めた。

 

 

デンマークを選んだ理由。

会社にいた時、夏休みは必ず一人旅をするようにしていた。

デンマークやその他のヨーロッパの国々、

アフリカも行ったりした。

その中でデンマークの印象がなんかよかった。

観光地らしさがない。人がいない。

いい意味で「物」がない。

そこが日本と違い、魅力的に感じるところだった。

穏やかで緩やかな時間が流れるデンマーク。

なんか良かった。

そういった漠然としたいい印象のみでデンマークを選んだ。

 

でもそれだけ。

それだけしかなかった。

 

デンマークで何をしようとか具体的な目的もなく、

とりあえず行ってみよう。

そして出国の日になった。

そんな感じ。

 

 

と。

なんやかんやここまでの経歴を書いてしまった。

なんか長くなりそうなので、このへんで。

続きはまた書きまーす。

 

 

Working

There are only a few days left for my visa. I wonder if time really flies…So I am going to write what I felt and thought during this period from now on. In a sense, I have been in the lonely environment meant a foreign land. It became a good period I can think well about myself good or bad. In the situation, what I have thought well, that is “working”. I really considered deeply this “working”, I was really glad to come here even that.

I am going to write about the story before coming to Denmark, about my work. I had worked for 4 years as a graphic designer at the design office in Tokyo. I want to a little explain about graphic design, It is a design field including many different things such as logos for enterprises, packages, book covers, huge advertisements in the streets, information signs for facilities. It expands the field to webs and movies now. So the office I was working had various types of jobs. Generally the work is busy. Because it is a creative work, so the definite end is nothing. We designers usually keep doing it until we can be satisfied. That is why most people are in front of Mac until the deadline. To work until midnight is also natural in the business of design. Overtime pay is nothing as well. Everyone who worked in the office with me always worked until the last train. I worked until 1 or 2 AM at midnight because I had gone there by my bike, there were a lot of way I stay overnight at the office. It sounds completely exploiter socially. However everyone was good to me, and I liked the work nothing better. So that daily work was no problem for me, or rather, I had a fun. But I decided to quite the job 4 years have passes since I belonged there. There were some reasons why I decided to quit, though. The biggest reason is what I wanted to look around more the world. I have gone abroad in Korea after graduating from high school. There was particular nothing to do there, though. It widened my point of view even just staying in the country outside of Japan. It is like I doubt there was the choices in my mind to work in Tokyo if that experience was nothing. Because of that, I began to think I wanted to live abroad again. I soon quit my job because of my personality I make a conscience of doing what I want to do after starting to think about it.

The reason why I chose Denmark, I tried to definitely go on a trip in my summer holidays while I worked at the office. I visited some European countries including Denmark, Africa is also. Somehow I got a good impression from Denmark in those countries. It looked like no tourist spot, a few people, no stuff in a good meaning. That points were totally different from Japan, and the points I felt a strong attraction. I just chose Denmark with that vague good impressions. It was only that. I did not have the specific purpose, I just came here, That is about it.

I have written my history until now one thing or another, I will stop around here because it was going to be long. I continue to write next time.