2017.10.13

 

ワルシャワにあるユダヤ人の歴史が知れる博物館。

第二次世界大戦前のワルシャワには

30万人以上のユダヤ人が暮らしていたとされていて、

これはヨーロッパで最大の人数でした。

 

 

博物館の前には、

ワルシャワ・ゲットー蜂起のモニュメントがあります↑

この博物館はその蜂起からちょうど70年後の2013年に建てられました。

 

 

外観は全面ガラス張りの近代建築。

ワルシャワで最も美しいと言われているこの建築は

フィンランド人、ライナー・マフラマキのデザインです。

 

 

エントランスの曲線は出エジプトでモーセが海を割ったとされる伝説を

表現していて、色はユダヤ人が古くから暮らしていたとされる

砂漠地帯の色合いみたいです。

最近建てられただけあって館内はかなり新しい。

おしゃれなカフェもあります。

 

 

1000年に及ぶポーランドでのユダヤ人の歴史が、

3D、プロジェクションマッピングなどの最新の技術が

ふんだんに使われながら展示されています。

言葉がわからなくても、

視覚的に楽しめるようになっています。

 

 

でも歴史を知るという意味では

ポーランド語がわかったほうがいいんだろうなー。

(英語の解説もあります)

子どもでもわかるように可愛いイラストや、

インタラクティブな展示も多かった。

 

 

17世紀のシナゴーグ(ユダヤ教の会堂)を再現した展示↓

 

プロジェクションマッピングでユダヤ人の街が再現されています↓

 

当時のポスターも展示されていて、

それらがとてもおしゃれ!

すげーーイイ。

 

 

また世界大戦時代の展示に入る前に、

休憩スペース兼、展示から離脱できるような順路も作られていて、

辛い歴史を見たくない人への配慮がされている。

戦争の展示内には2、3箇所くらい離脱ポイントが作られていた。

デザインする上でこういう配慮はとても大事だなと、

改めて感じる。

 

ポーランドのユダヤ人がいかに多かったかわかる

デンマークにも少しいる。

↓一番上がポーランド、下から二番目がデンマーク。

 

木曜は無料の日らしく

たまたま木曜に行った僕も無料で入れました。

ラッキー。

 

 

↑またこの時だけかはわからないんですが、

外にも写真の展示があり、

アウシュビヴィッツの犠牲者や遺族、関係者の

インタビューそしてメッセージが写真とともに展示されていて、

そのメッセージが胸にビシビシくる内容でとても良かった。

 

ワルシャワに来る際はゼヒ訪れてほしい博物館です!

 

ユダヤ人歴史博物館/Muzeum Historii Żydów Polskich POLIN
[開館時間] 月.木.金 10:00-18:00|水.土.日 10:00-20:00 / 火曜休館
[入場料] 25PLN(木曜無料)

 

Muzeum Historii Żydów Polskich POLIN

The museum that we can know the history about Jewish in Warsaw. Before World War Ⅱ, Over 300,00 Jewish had lived in Warsaw. It was the greatest number in Europe.
There is the monument about Warsaw Ghetto Uprising in front of the museum, it was built just 70 years later in 2013 from Warsaw Ghetto Uprising happened. It was the modern architecture with the appearance of the all glass window. It is said that it is the most beautiful architecture in Warsaw. The design was by Finish architect, Reiner Mahlamki. The curve wall in the entrance expresses the story that Moses split the sea after leaving Egypt in the Bible, and that color is the color of desert region that Jewish had lived since long ago. The museum was built a few years ago, as expected the inside of museum really looked new. It also has the fancy cafe.

Jewish history in Poland over a period of 1,000 years is on display with the latest technology such as 3D, projection mapping. The exhibition is made that we can visually enjoy even if we do not understand a language.
But I wonder if it is better to understand Polish language to know the history. (There was the explanation in English) It also has the many exhibitions with the cute illustrations and interactive systems for children.The posters in those days are on display, those are really cool! And also, before entering the exhibition of the World War, there is the space for a break and the way to leave the exhibition. Those are considered for the people who do not want to see that painful history. I found some spots like that in the exhibition of war. That consideration is really important to design, I thought it again. And the photo exhibition was outside the museum, I do not know it is only the time when I visited. The interviews and the message of the victims of Auschwitz, the bereaved family, the people concerned with Auschwitz with photos were on display. It went to my heart, really great. I want you to visit there if you come to Warsaw.

 

 

SaveSave

SaveSave

SaveSave

SaveSave