2017.10.01

 

僕の好きな建築家に

Hundertwasser / フンデルトヴァッサーという人がいます。

彼は建築家でありながら画家でもあり芸術家でもありました。

 

こんな感じの建築。

 

ちなみにこれ大阪にあるゴミ処理場

独創的すぎるデザイン。

 

その好きでやまないフンデルトヴァッサーの美術館が

そして実際に使われている公共住宅が

なんとウィーンにあった!!

知らなかったーーーー。

というかフンデルトヴァッサーは

オーストリア出身なので当たり前なのだが、

僕は彼の作品しか知らなかったので、

まさにサプライズ!

オーストリアに到着してから

いろいろ現地について調べてる時に、

この情報を発見した。

 

 

日本にいた時、

友達に「この建築家知ってるー?」と教えてもらい、

そこから好きになった。

このゴミ処理場を見るためだけに大阪にも行ったなー。

懐かしい。。。

 

 

話は戻り、行ってきました。

これがフンデルトヴァッサーハウスと呼ばれる公共住宅。

 

こんなところに住めるとは、、、

うらやましー。

 

 

美術館と住宅の間にある道にも

フンデルトヴァッサー。

 

 

そしてこれが美術館。

 

展示はヨーロッパでは珍しく撮影禁止だったんですが、

今まで発表した建築の解説や、絵画作品。

本人出演している記録映像。

などなど。

 

中でも僕が一番良かったのは彼のグラフィック作品。

蛍光色や金・銀泊を多用した奇抜で明るいヴィジュアル。

まさにフンデルトヴァッサーという作品トーン。

 

フンデルトヴァッサー建築の特徴は何と言っても、

絵をそのまま建物にしたような面白く独創的な造形。

自然をとても愛していた彼は

「自然の中に唯一存在しないものが直線である。」

と言い。

そのデザインも直線はほとんど使われていない。

実に有機的なデザイン。

実際美術館は床でさえデコボコしていた。

 

建物が生きているような感覚。

とても温かい空間。

 

 

Hundertwasser

There is one of the architect called Hundertwasser in my favourite one. He was an architect and an artist. There were the museum and the public house actually used of Hundertwasser I like very much like that in Wien. I did not know that actually because I only know his work. So it surprised me. But he was from Austria, so it was actually natural. Anyway I found that information when I was searching about Wien after arriving there.

When I was in Japan, I was taught him by my friend, and I have liked him since then. I wonder if I went to Osaka to see the garbage disposal facility designed by him. It brings back memories.
Going back to the architectures, I went to the public house called Hundertwasserhaus. (there are the pictures above) I am so jealous the people in Wien can live in the house. There was the design on the wall between the museum and the house. (there are the pictures above) And the museum, photography was prohibited inside the exhibition, it was unusual in Europe, though. There were many his works such as the explanation about his architectures, the painting, and the recording video he appeared, and so on. In those, his graphic art was the best to me. The eccentric visual which many fluorescent colors and gold silver leafs were used, it was just Hundertwasser’s art.

The feature of Hundertwasser’s architecture is the interesting and ingenious shaping like building structures to just follow drawings. He loved nature very much, he said the only thing not to exist in nature was straight lines. And also straight lines were rarely used in his designs. It is really the organic design. The floor in the museum was actually rough. It feel like the building is alive, very warm space.

 

 

SaveSave

SaveSave

SaveSave