2017.09.27

 

オーストリア旅の続き。

ウィーンの中心街にある美術館。

ALBERTEN / アルベルティーナ美術館

 

世界最大規模のグラフィックアートがコレクションされている美術館。

グラフィック以外にも、

写真やセザンヌ、クリムト、ルノワールなどの絵画もありました。

見応えはすごいです。

 

 

ヨーロッパの主要な美術館には当たり前のようにある。

アンディ・ウォーホル。

 

僕はピカソが好きなんですが、

ピカソのグラフィックアートもありました。

版画のグラフィック作品。

ピカソは晩年、版画作品をたくさん発表している。

 

 

やっぱりいいですねー。

ホントいいなーピカソは。

中学の美術の教科書に載っていたゲルニカは

当時、なんでこれが教科書に載るんだと思ったけど、

今となってはとてもいいなと感じる。

人の好みは変わるものだ。

前にスペインに実物を見に行ったけど、

迫力すごかったなー。

 

 

ALBERTEN

The continuation of my Austria trip.
It is the museum in the center of Wien, its name is ALBERTEN, the largest museum kept graphic arts in the world. In addition to that, there were many pictures such as Cezanne, Klimt, Renoir. There were quite a show. I wonder if there was normally the pictures of Andy Warhol in the main museums of Europe.
By the way, I like Picasso, and also I found Picasso’s pictures there. Those looked a printmaking course. He published many printmaking courses in his later years. After all, Picasso was great, I felt that again. When I saw Guernica on art textbook in my junior high school, I though why it was on the book. But now I feel that is really great. I wonder if a personal preference changes.

 




海外ホテル検索、Booking.com

簡単!わかりやすい!DMM英会話

 

にほんブログ村 / 人気ブログランキングへ