2017.09.21

 

ウィーンにある世界一美しいと言われている図書館。

プルンクザール

 

18世紀前半に建てられた歴史ある図書館。

館内は重厚感の漂うバロック建築に、

20万冊の本が貯蔵されている。

とりあえず美しい。

ディズニーとか映画に出てきそうな。

そんな現実離れした空間。

 

 

入り口で、大阪弁丸出しのおばちゃんが、

セキュリティの人に「フラッシュはだめだよー」

英語で何度か言われていて、

その都度「え?カメラ没収なん?」

て言ってたのが面白かった。

 

セキュリティも諦めて僕に

「おばちゃんに説明してくれや」言ってきた。

僕は日本語で「フラッシュだめなんですってー」

言ったら「え?カメラ没収なん?」

て返された。

 

・・・・・・。

 

何も変わらない。

 

気持ちを伝えるのは言葉じゃないだな。

そんなことを気づかせてくれた大阪のおばちゃんとの出会い。

 

 

いわゆる図書館というよりも博物館。

そしてエキシビジョンスペースでした。

 

 

僕が行った時は、

あのフリーメーソンについての展示をしていた。

秘密結社じゃないんだっけか?笑

 

とりあえず美しいウィーンの中でも

さらに美しい場所。

 

 

The most beautiful library in the world

The library called the most beautiful around the world in Wien, its name is Prunksaal. It is the historical library built in the former half of the 18th century. There is a baroque interior, and a stately atmosphere inside. About 200 thousand books are kept there. It is an unrealistic space such as appearing in the Disney movies.

At the entrance, Japanese lady who spoke an Osaka dialect was there, and a security person told her “No flash photography” in English several times. But she looked like she could not understand that, and she said “what? you confiscate my camera?” every time. It was funny to me. The security men said to me “could you explain?”, so I told her “flashes is prohibited here” in Japanese. she said again “what? you confiscate my camera?” That did not change anything. Then, I thought the way to express our feelings is not languages. That is an interesting experience to me. Thank you! Osaka lady!

It was a museum rather than a library. There was the space for an exhibition. The exhibition about Freemasons was on display there when I came. I wonder if it is not a secret society? Anyway that was the more beautiful place in Wien having a lot of beautiful places.

 

 

保存保存