2017.09.06

 

サラエボのイエスの聖心大聖堂の近くにあるギャラリー

Gallery 11/07/95

1992〜1995年までに起こった

ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争についてのギャラリー。

2012年に開館された割と新しい施設。

館内はとても小さく、入場料も1000円くらい

他の東欧の美術館と比べても決して安くない値段。

でも僕はそれまで訪れた東欧の美術館、博物館の中でも

このギャラリーが一番良かった。いろんな意味で。

 

館内に入ると、犠牲者の写真がずらっと並べられている。

その先に当時の風景写真がモノクロで大きく展示されている。

当時の情景がリアルに感じ取れる写真たち。

ショッキングなシーンも多い。

 

 

そしてその先にあるのが映像の展示。

映像は当時の様子を撮影したものや

被害者遺族のインタビュー、ショートムービーなど

30分くらいの映像が2本。

普段、美術館とかでの映像の展示は最後まで見ないことが多いけど、

これは最後まで釘付けになる。

それほどパワーがあり。他の来館者もみんな見ていた。

 

日中に鳴る銃声、道端に血だらけで倒れている人、子どもたちの泣き声。

 

その中で当時の人たちがインタビューに答えていた内容が印象的だった。

この紛争はいわゆる民族対立によるもので

ユーゴスラビアからの独立支持派(ボスニャック人、クロアチア人)と

反対派(セルビア人)との戦争だった。

 

インタビューで一人の男性が、

「彼らは友達だったんだ。そして今も友達だと思っている。」

と答えていた。

 

また一人の少女が

「私は神を信じている。イスラム教もキリスト教も神はいるけど、神は一つなんだ。God is God」

と言っていた。

 

そこには民族、宗教、敵に対する恨みなどはなく、

あるのはただ今の状況に対する悲しみだけだった。

でも彼らは自分の国や民族に対する想いがあり、

その悲しい現状を前向きに受け入れているように見えた。

 

正直、言葉では全然伝えられないくらい。

僕にとっては衝撃的な映像だった。

 

 

 

「Welcome to Hell / 地獄へようこそ」

当時の壁に殴り書きされた文字。

 

ほんの22年前ここは地獄のような場所だった。

そして、今同じような状況がシリアや中東の現実である。

 

平和とはなんだ。真剣に考えた。

もし東欧に来ることがあれば、

ぜひこのギャラリーに行って欲しい。

 

 

Gallery 11/07/95

The gallery is close to the church called Sacred Heart Cathedral in center of city. It’s name is Gallery 11/07/95, about the war happened since 1992 to 19995. It is the new facility made in 2012. It’s size is very small and admission fee is not cheep compered to other museums in Eastern Europe, it is like about 1000yen. But it was the best museum for me in museums in Eastern Europe I visited.

You can see the pictures of victims on display, when you go inside. From there on, there were the big pictures of scenes taken in those days, the pictures I could imagine the situation in those days. There were the shocking scenes a lot. And from there on, the two movies about 30 minutes were on display. Those were about the real situation at that time, the interviews of the war bereaved and the short movie. I usually do not watch the movies in museums too much, though. I was glued to that. The movies had the power like that, others were also watching eagerly.

The sounds of guns in the daytime, the people falling with blood, the cry of children.

The interview of the people living at that time was impressive to me. That war was happened by the confrontation of the race, between Bosniak, Croatian supporting the independent from Yugoslavia and Serbian being against that.

One of the men in the interview, he said “they were our friends. and we were still friend now.”

One of the girl in the interview, she said “I believe in God, Muslim and Christian religion have each God, but God is only one, God is God.”

The hatred towards an enemy did not exist there, just sadness towards that situation. However they have the love to their nation and country, they looked they were accepting the sad situation positively.

Honestly, I can not tell well about what I saw and felt. It was a shocking to me like that. “Welcome to Hell” that word was left on the wall at that time in the war. there was the place like Hell only 22 years ago, and That is the real in Syria and the Middle East.

“What is Peace?” I think about it seriously.
If you have a opportunity to come to Eastern Europe, I want you to come to the gallery.