2017.09.04

 

この国に来る前は、

ボスニアヘルツエゴビナという国の名前だけしか知識はなく、

何となく来た国。

 

到着したバスステーションからホテルまで距離があったので、

散歩がてらゆっくりと歩くことにした。

街の風景は他の東欧の国と同じく、少し古い建物が中心で、

静かな空気が流れているなーという感じ。

 

 

歩いていると、いくつかの古い建物の壁に

無数に小さい穴が空いてるのを見つけた。

また穴が空いた場所を修復したような痕跡のある建物もある。

それもかなりの数。なんかとても痛々しかった。

 

 

なので気になり、

ホテルで色々この国についてすぐ調べてみた。

 

街の中心、またそこから離れた住宅地、

いろいろな建物の壁に無数に空いた穴。

はじめは何の跡かわからなかったけど、

それが銃痕で、

サラエヴォの街が20数年前まで戦場になっていたことが

調べてみたらわかった。

ホテルやショッピングセンターなど、

綺麗に改装されている場所も多いけど、

少し古い建物には必ずと言っていいほど、

無数に穴が空いている。

普通の民家やマンションでさえ。

 

 

観光スポットから離れた、高台の公園の近くでさえ、

そんな建物がいくつもあった。

いかに街全体が銃撃戦の舞台になっていたかがわかる。

 

そして、トラムも通る街の中で一番の大きな道路。

その通りは当時、スナイパーストリート / Sniper Street」

と呼ばれていた。

高いビルに潜んだスナイパーが、

この道を横切る人たち、女性、子ども、老人など

容赦なく狙撃した場所だ。

この通りには古くからのビルもあり、それらは損傷も大きかった。

 

 

この紛争を記録、展示したギャラリーの中に、

当時の様子を記録した映像があった。

 

女子大学生がこの道の先にある大学に行くために、

毎日、走ってこの道路を渡る様子。

 

小学生くらいの少年少女が、家の水道が出ないから1日の水を

僕らは給水場まで取りにいかなければならない。

でもその給水場が道の反対側にしかないから、

死ぬかもしれないこの道を毎日渡らなければならない。

とインタビュアーに説明していた。

 

当たり前のように目の前にある死という現実。

それでも彼らは陽気に歌を歌い、

懸命にその人生を受け入れているようにみえた。

自分が同じ状況ならそれを受け入れられるだろうか。

そんな答えもせないくらい、

自分の想像力を超えている現実だった。

 

ただ自分は平和な場所に生まれ、

自由に水も飲むことができ、

そしてこの道を渡ることができている。

 

 

Sniper Street

I had only the knowledge about the name of the country before coming here. I just came to the country and the city without much thought. There was a long distraction from the bus station I arrived to the hotel, so I decided to go there on foot for a walk. The scenery of the city is the center of a little old building, I felt the silence atmosphere is flowing in the same as other Eastern European countries. I found the countless small holes on the walls of some houses, and the houses having the points repaired the holes like that while I was walking. Those houses were so many, and very pitiful. So I tried to investigate about this country on the internet as soon as I arrived at the hotel. I figured out those holes were gunshot marks, and Sarajevo was the stage of the war 22 years ago. There were the repaired places such as hotels and shopping malls a lot, but little old buildings have the countless holes such as I can say those are all even the normal houses or apartments. There were some houses in even the houses which were far from the center of city. I realised how the whole that war was in the town.

And that is the biggest street which trams run in the city. At that age, the street was called Sniper Street. The snipers lurked in the high buildings shot the people from women, children to old persons crossed the street without mercy. In the street, there were some big old buildings, those looked having the big damages. I saw the movie recorded the situation in those days in the gallery about the war. In that movie, there were the college students are crossing the street to go their college in the opposite side. And girls and boys look around 6~10 years old said we have to cross the street because we need the water to live, it is not in the house, only the point crossed the street. That is why we have to cross the street we might die to live everyday. They were explaining like that to the interview. The real there is always death in front of them. Even though that, they were singing songs gaily, they looked they tried to accept their life hard.

I wonder if I can accept that if I am in the same situation. That is the real beyond my imagination such as I can not tell and any answer. I was just born in the peace place, and I can drink a water freely, and I can cross the street.

 

 

SaveSaveSaveSave