2017.06.16

 

Understand  理解する

ではなく

Accept 受け入れる

昔、俳優の加藤雅也さんがテレビで言ってたひと言。

理解するんじゃなく受け入れる。

 

海外にいると当たり前だが、色んな人種の人と会う。

ヨーロッパは特に、陸続きなこともあり、色んな人種が行き来している。

そもそも今生きてる人で1つの人種からできてる人なんていないのかもしれない。↓

 

understand < accept

それが最近すごいわかるきがする。

わかり合うためにはお互いの事をよく理解し合わなければ。と聞く。

理解とは自分の今までの経験や価値観で、情報を分析、精査する

ことだと僕は思っており。

自分のフィルターを通してロジカルに解釈する。

しかし、自分の経験外、知識外、価値観外のものに出会った時、

「理解できない」ということが起こる。

そこまではいいが、理解できないものに人間は拒否反応を示しがちだ。

触らぬ神に祟りなしである。

 

この時、理解できないものを理解する努力が必要と思われる。

が、

育って来た環境、文化、宗教、そしてそれぞれの性格など、

それらを本当の意味で理解なんてそもそもできないのである。

と僕は感じる。

 

Accept 受け入れる。

これは行動としてはものすごい簡単だ。

つべこべ言わず受け入れろである。

 

今肉まんが無性に食べたいので

肉まんでこれを考えてみた。

 

肉まんを理解する。

とは

まず僕らは肉まんを見た時、

これがまんじゅうであることが視覚的にわかる。

そして触った時、白い皮が何かを包んでいるのだと確認できる。

そしてそれを綺麗に剥がすと、

中に肉のあんが円形状に固形化さらて入っているなどがわかる。

それをほぐすとひき肉や玉ねぎなどそれぞれの具材も明らかになる。

このように皮を食べ、

具をほぐし、

肉、野菜などを具材ごとに食べわける。

これが肉まんを理解する。である。

ということにする。

そしたらもし嫌いな野菜が入っても見分けられるし、

仮に中に虫が入ってたとしても、

すぐに見つけることができる。

 

が、

おそらくこの食べ方はきっと美味しくない。

 

肉まんを受け入れるとは、

つべこべ言わずかじりつく。

むしろ丸呑みだ。

食べたあとで、具材の種類とか、

あー玉ねぎ入ってるんだねーとか思う。

だが、知らずに嫌いな野菜を食べてしまってるかもしれないし

もしかしたら、虫も飲み込んじゃってるかもしれない。

そもそも肉まんだと思ったらあん饅だったみたいなこともある。

 

しかし、

多分こっちの食べ方の方が美味しいのである。

 

もしかしたら嫌いな野菜も食べれるようになるかもしれない。

あん饅のほうが美味しいと思うかもしれない。

例え不味かったとしても吐き出せばいいし、

ゆくゆくはきっと排泄もされるだろう。

 

理解という自分に収まらず受け入れるという勇気を持っていきたい。

と最近自分自身に言い聞かす。

まずは一回受け入れてから、

そのあと色々考えれば良いのかも。

 

僕のお気に入りは

ファミマの肉まん。

 




 

Understand < Accept

accept not understand.

The other day, Masada Kato who is actor in Japan said this word on the tv interview.
He moved to US alone, and built the career as actor there. That is what he felt in his life in US.

I meet many kinds of people in overseas as usual. Especially Europe, a lot of people go and come because it continue to be land. To begin with, there might be no the person who made by one of the nationality in the world now.

understand < accept
I have realized it well lately.

I often heard that we have to understand each other to build a good relationship.

I think that understanding is analyzing and ooo informations in own experiences and values. It means that we interpret those logically. But when we meet things outside of our knowledges, experiences, values, what we can not understand happens. It’s ok, but we humans tend to refuse things we can not understand. There is the proverb which describes that situation in Japan. It is similar to “Let sleeping dogs lie”.

Then, we think that it is necessary to make a effort understand what we can not understand. However the environments we were raised, religions, cultures, each personality, we can not understand such as things completely. I feel like that.

accept

It is really simple and easy as an action. it is let’s accept without complaining. But it is really difficult.

I tried to compare to a meat bun called Nikuman in Japanese because I want to eat it so bad.
Understanding a meat bun.
First of all, you can realise visually that it is a bun when we look at it. And when you took it up, you can make sure a white skin wraps something, and you take it off perfectly you can get a meat ball solidified in a circular shape is into there. After unfastening that, minced meats and materials such as onions in there could be obvious. Eating only a white skin at the first, analyzing a meat bun, and eating each material such as meats and onions. This is understanding a meat bun. leave it as that. And then you can find the vegetables you hate if those were in, also you can find problems easily even if insects are in. But I am sure the way of eating is not tasty.

Accepting a meat bun is just eating without complaining. Or rather, it is swallowing.
you will feel that some foodstuff in there while eating. But perhaps you eat the food you dislike, swallow insects without knowing. To begin with it might be a sweet bean bun actually contrary to your expectation.

However, accepting is tastier than understanding, I think.
Possibly, you can become eating your hating foods, you might think a sweet bean bun is better than a meat one. Even though it is bad, you can vomit it, or it is excreted some day.

I want to have the courage called accept without crouching down in myself called understand. I have tried to talk it myself into lately. First, accept all of things, we should think about it after that.

My favourite Nikuman is Family mart’s one!

 

海外格安航空券の空席と、海外格安ホテル空室情報がすぐわかる!

簡単!わかりやすい!DMM英会話

にほんブログ村 / 人気ブログランキングへ

SaveSave

SaveSave

SaveSave

SaveSave

SaveSave