2017.06.13

 

ロンドンで1番絵画が貯蔵されているであろう美術館。

National Gallery

 

作品は紀元初期から、中世、ルネサンス、近代と

すごい数の絵画が年代ごとに展示されています。

 

僕はやっぱり近代の絵画が好き。

自由で日常的で表現豊かなのがいい。

その中でもゴッホは昔から好きだった。

あのボタっとした、ぶ厚い感じがなんともいえない。

ちなみに西洋美術には全然詳しくないです。笑

ただ感覚的に好きなだけ。

 

そのゴッホの代表的な作品が展示されているのがここ。

「椅子」と「ひまわり」の他にも数点。

 

 

特に「ひまわり」は美術の教科書にも

必ずと言っていいほど載っていた。気がする。

ので、見たらみんな「あーあれね」となる。はず。

現にゴッホの周りには常に人だかり。

認知度は世界共通なのだな。

 

 

「椅子」は高校の美術の授業で模写したなーー。懐かしい。

 

ゴッホ以外にも

ダ・ヴィンチ、フェルメール、モネ、ゴーギャン、セザンヌ

と見応えすごいです。

 

 

そして美術館の前は大きな広場になっていて、

大道芸人やストリートミュージシャン、

若者たちが集まるスペースになっているよう。

 

 

僕が行った時は何かしらのデモが起きていて、

警察めちゃくちゃいました。

いろんなパワーが集まる場所みたいです。

ここも入場無料。

Thank you London!

 

National Gallery

I think that it is the museum which has the most pictures in London. These from the early A.D, the Middle Age, Renaissance, to Recent period are on display each age.  After all, I like the pictures in Recent period, there are free, usual, expressive. I have liked the picture of Gogh for a long time. It is great to me beyond description. By the way I do not have knowledge at all about Western art. I just like it sensuously. His representative works are on display here. Sunflowers, Chair and some pictures else. Especially Sunflowers appears in art text books like always, so I guess everyone will remember when they saw it. So actually many people are always by his pictures. I wonder if that degree of recognition is common around the world. I remember that I copied Chair when I was a high school student at art class, it brings back memories. I am sure that pictures such as Da Vinci,Vermeer,Monet,Gauguin,Cezanne will satisfy you.

And, There is the open space in front of the museum. A lot of street entertainers, musicians, and young people gather. When I came there, kind of protest happened, so many policeman were there. it is the place here many kinds of powers come. Of course its admission is free as well.

Thank you London!

 




ロンドンのホテル★最大70%OFF!直前割引エクスペディア

英国ロンドンの高級紳士帽子ブランドTom Smarte(トムスマート)専門店

にほんブログ村 / 人気ブログランキングへ

SaveSave