2017.05.29

 

デンマークは言わずと知れたアンデルセンが生まれ育った国です。

この前チボリ公園のこと書いたのですが、

チボリの隣にも象徴的にアンデルセンの銅像が置かれています。

 

 

そんな誰もが知るアンデルセンの中で、

誰もが知るお話の一つであろう、

みにくいアヒルの子。

アヒルだと思って育てられるが、

本当は白鳥であったというお話。

みんな知ってる。

 

 

コペンハーゲンは水鳥がとても多い。

しかもいろんな種類、大小さまざまな鳥がいる。

公園に行くと、家族で休んでいたりする。

人間にも慣れた様子で、とても新鮮な光景。

道路には「鳥が横切りますので注意」

という標識。

 

 

アンデルセンが、お話を作る時に

影響されたかはわからないが、

(多分影響されているだろう笑)

でもその情景が自然と浮かんでくるような

素敵な景色が多いコペンハーゲン。

 




 

The Ugly Duckling

Denmark is the country which Andersen was born as you know.
I wrote the previous blog about Tivoli park, there is the statue of Andersen symbolically next to the park.

In the story of Andersen everyone knows, one of the story everyone knows could be “The Ugly Duckling”.
It is the tale which the one bird that was raised up as a duck, but in fact, he was a baby swan. It has a lot of water birds in Copenhagen, moreover many kinds of birds, those sizes are also different. They take a break with family when I went to the park. They look like they are used to a human. It was inspiring to me.

I am not sure whether Andersen was influenced to the scene when he made the story. However it is the city there are much beautiful scenes such as the scene Andersen come up with the story while he is watching the birds comes to my mind.

 

日本語 [Japanese]

みにくいあひるの子 (アンデルセンの絵本)

新品価格
¥1,782から
(2017/5/30 02:00時点)

 

英語 [English]

UGLY DUCKLING, THE EARL (CIDEB) V.VIVES

新品価格
¥1,085から
(2017/5/30 02:04時点)

にほんブログ村 / 人気ブログランキングへ