2017.05.22

 

ヨーロッパ、ユーロ圏の移動手段はいろいろあります。

バス、飛行機、電車、船、クルマ、、、、

 

できるならなるべく安く移動したいものですよね。

なので僕が実際利用した交通手段を紹介します。

使えそうなのがあれば使ってみてください。

今回はRYANAIR / ライアンエアー

僕はコペンハーゲン ⇄ ロンドン間で利用しました。

 

ヨーロッパ最大のLCCらしく、

料金がとにかく安くて有名です。

 

ライアンエアーの一人平均の乗車料金は45€ (5600円くらい)。

僕がロンドンまで行った時は99DKK。約1600円です。

めちゃくちゃ安い。ちょっとヤバイレベルですね。

こちらとしてはありがたいですが、、、

これだけ安いと安全面などが心配されますが、

僕が利用した時は、他のLCCと差は全然感じませんでした。

いたって普通のLCCといった感じ。

 

こちらがサイト

とても使い易いUIデザイン!

日本語はないですが、

英語が少しわかれば感覚的に使えるサイトになっています。

 

ですが、この飛行機に乗る前がちょっと厄介です。

ライアンエアーは利用料金を安くする代わりに、

追加のオプションや、キャンセルFee、罰金を高くして、

利益を出している航空会社らしいです。

 

なので他のLCCと一緒だと思い普通に予約して空港まで行くと、

間違いなく罰金取られます。(ていろんなブログで見ました)

なので搭乗までの順序を記載すると。

 

  1. ネットでフライト予約(これは今はどこも当たり前)
  2. ウェブチェックイン(基本的にウェブチェックインです。シートを指定しない場合はフライトの4日前からチェックインできます)
  3. チケット印刷(ウェブチェックインができるとチケットも印刷できます)
  4. ビザチェック(空港のチェックインカウターに行き、係員のサインをもらう必要があります)
  5. 搭乗ゲートへ(その後は他の航空会社と一緒)

 

問題がこの2、3、4の流れ。

もしウェブチェックインができていないと

45€

の罰金、、、えぐいですね。一人分の航空券と同額です。

それでウェブチェックインができても、

チケットプリント忘れると15€の罰金です。

そしてカウンターでVISAチェックを忘れると、

搭乗できない(おそらく)という悲しい感じになります。。。

 

また荷物を預ける場合の料金やその超過料も高いらしいので、

チェックが必要です。

こちらに料金一覧あります。

 

乗る前が多少面倒くさいですが、

ウェブチェックインして、

チケット印刷して、

カウンターでチェックが何事もなくおわったら

後は他の航空会社と同じく、ゲートを通り、飛行機に乗るだけっす。

 

罰金さえ気をつければ、とてもオススメのです!

格安でヨーロッパを回れます!!

 




海外旅行はJTB!Web限定商品など、海外ツアー検索・予約が可能!

海外格安航空券の空席と、海外格安ホテル空室情報がすぐわかる!

簡単!わかりやすい!DMM英会話

にほんブログ村 / 人気ブログランキングへ