2017.03.29

 

エストニアのTartuという街にある、

エストニア国立博物館に行ってきました。

 

タルトゥはエストニア第二の都市で、

海沿いにあるタリンと違い、国のほぼ中心に位置している、内陸の街です。

第二の都市ですが、とても小さい街でした。

雪が降ってたり、日曜だったこともあったかもしれませんが、

人が全然いない、、、、ショッピングセンターもいくつかあったけど

そこにもほとんど人いない、、、笑

 

タルトには日本人建築家、田根剛さん設計の美術館があります。

今回はそれを見にきました。

1年ほど前にテレビの特集で知り、

その時、この博物館のことも紹介されていて、

いつか見たいなーーと思っていて、

そしたら偶然にも旅路の途中にあることを

フィンランドにいた日本人の方に教えてもらいました。

なんたる偶然。。。

 

 

この博物館は軍事滑走路の跡地に建てられたもので、

そのデザインも滑走路を型取り、

飛行機が飛び立つ軌跡をそのまま建物ししたデザインになっています。

 

 

前のブログにも書きましたが、

エストニアは多くの時間を他国に支配されてきた歴史を持つ国です。

この軍事滑走路も旧ソ連統治時代の遺跡みたいなもので、

その苦しい歴史を想起させるデザインに批判の声もあったみたいですが、

中の展示物を実際に見てみると、

エストニアの歴史を展示している内容で、

それに加えこの場所も博物館建物自体も

一つの歴史を感じる展示物になっていて、

とても意味合い的にもデザイン的にも

すごくいいなと個人的に思いました。

 

支配という苦しい歴史は僕には想像できないけど、

文化を織り交ぜながら新たな国に発展させているこの国に

すごく魅了されました。

 

 

Museum in Estonia

I went to the city named Tartu in Estonia and the national museum in there.
Tartu is the second largest city of Estonia. It is a inside city which is different from Tallinn where is by the sea. Although it is the second largest city, it is very small city. I could not see much people there I did not know the reason why that day was Sunday or it was snowing. There were some shopping center but there were almost no people there.

There is the museum designed by Japanese architect who is Tuyoshi Tane in Tartu.
I went to see that this time. About a year ago, I knew it on TV special program about him, and then this museum was introduced on that.
I have been thinking about I want to see that someday. Then accidentally the man I met in Finland told me this museum is on my journey. What a coincidence!

This museum is the construction which was built on the remained space of the military runway. The design was also made according to the shape of runway, it is the design like the track a plane takes off.

Estonia is the country which has the history which has been dominated by other countries for long time, I wrote it in the previous blog.
This military runway is like the remains of the age of Soviet Union era, it seemed like there was the criticism because of the design which suggests the painful history.
When I saw the excisions in the museum actually, there was the exhibition which introduce about Estonian history. In addition to that, this place and the museum become one on the exhibition we can feel, I thought personally that is great as meaning and design.

I can not imagine the painful history called the government though, I was attracted to this country which is developing the new nation while interweaving some cultures.

 




海外格安航空券の空席と、海外格安ホテル空室情報がすぐわかる!

簡単!わかりやすい!DMM英会話

にほんブログ村 / 人気ブログランキングへ