2017.01.19

 

最近仕事が休みの時は

電車で二駅隣の Hjørring(イェリング)にある

図書館に来ています。

ここも小さな街ですが、

駅前に小さなショッピングセンターがあり、

その二階に図書館があります。

 

 

日本の図書館と全然違うのは、

静かな空間じゃないということですね。

日本だと、基本私語禁止という空気が

流れていますが、

こちらはコミュニティースペースなどもあり、

とても開けた空間です。

ちょっと静かなカフェくらいな感じかな。

ちなみにカフェも併設されてます。

飲み物も飲めるし、食べるのも自由です。

Wi-Fiもフリーで使えてとても快適なのです。

 

 

なのでコペンハーゲンの図書館は

平日でも学生やフリーで仕事してるであろう人で

ごった返してます。。。。

座るスペースはほとんどありません。

 

 

でもここの図書館は人も少なく、

内装もポップで明るい感じで

とてもお気に入りスペースです。

 

物価の高いデンマーク。

カフェでコヒーとちょっとしたパンをたのんだだけで、

1000円こえます。。。。。

なので図書館はかなりオススメです。

 

 

The library in a country town of Denmark

Recently, on my day off, I went to the library in Hjørring which is the second station from the place I staying.
Here is also a small town. There is the small shopping center in front of the station, and it has a library on the second floor.

The difference from a Japanese library is here there is not a quiet space. In Japan, usually there is the atmosphere in which we can not speak, but here there is an open community space. I feel like it is a little quiet cafe. Incidentally, it was also added to the cafe. We can drink and eat freely, and use Wi-Fi here. It is very comfortable.

That’s why the libraries in Copenhagen swarm with students and people who look like freelancers, and even weekdays, there is almost no space to sit.

But this library has a few people, and a pop and bright interior decoration. It is my favorite place.
In Denmark, the prices are high……
The price is over 1000 yen just ordering a coffee and small bread, so I particularly recommend a library when you want to take a break.

 




海外格安航空券の空席と、海外格安ホテル空室情報がすぐわかる!

簡単!わかりやすい!DMM英会話

にほんブログ村 / 人気ブログランキングへ