2017.01.12

 

デンマークの陶芸家さんのところに来てから約1ヶ月。

仕事は陶芸の手伝いから、食事の準備、掃除など、

いろいろなことを体験させてもらってます。

 

ここでのコミュニケーションは基本、英語です。

僕の他にもイタリア、ベルギー、カナダ、ベトナムの人達も

一緒に働いているのですが、

レベルの差はあれどみんな英語で会話します。

その中でも僕の英語力の低さは、、、、

たまに悲しくなります。笑

 

陶芸家さんには5歳の女の子と5ヶ月の赤ちゃんがいます。

当たり前ですが、子供も英語を使います。

当たり前のように自然に英語を話すこの女の子に尊敬さえ感じます。

 

ある日この女の子と絵を描いて遊びました。

僕が絵を描いて、彼女がそれに色をつける。

単なる塗り絵ですが、

とても楽しい時間でした。

 

この時間、

ほとんど会話らしい会話はなく

僕らは二人とも黙々と絵を描き

彼女はとても楽しそうに

色をつけていました。

 

 

 

コトバがなくても何かは伝わる。

 

人によって感じ方は様々だけど、

五感を通して感じるもの、

綺麗なものを見たら、素直に感動する。

こういうものは世界共通の認識なのだなと

改めて感じさせられます。

 

 

また別の日。

 

ノルウェーから別の陶芸家さんが来た日。

彼はここにある日本語で書かれた陶芸の本を読んでました。

 

内容は日本語なので当然理解していないけど、

写真に写っている陶器の茶碗を僕に見せながら、

この茶碗はとても良くできていると笑顔で話してくれました。

 

 

言葉が共通ではなくても、

感じるものを共感させ、

それでコミュニケーションができる。

 

日本にいたら当たり前のように日本語で会話でき、

意思疎通も容易だから感じれないけど、

言葉でのコミュニケーションが難しい環境だからこそ、

別のものが重要なコミュニケーションツールになりうる。

それが絵だったり、写真だったり、

シンプルに笑顔だけだったりする。

 

当たり前にあるものに、

ありがたみを感じる。

 

最近、本当に感じることが多いです。

 

 

Something to surpass languages

It has already passed a month since I came to the studio of a ceramic artist. I can experience a variety of work from helping him making potteries to preparing meals and cleaning rooms.

Basically, the communication in here is English.
There are Italian, Canadian,Belgian and Vietnamese here except me, and we work together. We talk in English to a certain degree. to them, my English is….poor…. sometimes I feel sad.

The potter has a daughter of five and a baby of five month.
Of course, the girl speaks English, I even feel respect for the girl who takes English for granted.

One day, I was drawing with her.
I drew and she added colour on it.
it was just colouring, but we had a good time.
During this time, there were almost no conversation between her and me, we were drawing and painting earnestly.

A thought spreads without language.

The way we feel is different depending on each person, but the things we feel through the five senses, we can be sincerely impressed by when we see the beautiful scenery. That made me feel the feeling is common in the world.

We can communicate with each other by sympathising our feeling even though we do not have a common language. When I was in Japan, I could not feel that because of the environment of same language. There is the environment which is hard to communicate in a language around me. That’s why the other people can be the tool for communicating instead of that.

 




海外格安航空券の空席と、海外格安ホテル空室情報がすぐわかる!

簡単!わかりやすい!DMM英会話

にほんブログ村 / 人気ブログランキングへ