2017.01.06

 

デンマークの隣の国のスウェーデン

隣の国ということもあって、

街の雰囲気はとてもよく似ています。

隣の国といってもほとんどパスポートチェックもなく入国できるので、

気持ちでいえば国内旅行。

東京から大阪行くくらいの感覚で隣の国に行けちゃいます。

なのでスーパーや大手の雑貨屋、電気屋などは

デンマークとほとんど同じだったりします。

 

でも微妙なんですが、なんか違うんですよね。

(当たり前かもしれませんが)

その理由は何かなーと考えた時、

公共物の色使いの違いなのかなと僕は思いました。

 

 

わかりやすい例で言えば、

ポスト

デンマークは国旗が赤いので赤いポストが使われていて、

スウェーデンは黄色いポストが使われています。

(国旗との関連性はあるのかは全然知りませんが)

なんかそれが街の雰囲気も築いているのだと思いました。

 

そこでスウェーデンの

乗り物

 

街を走っている路面電車やバス、レンタル自転車も

がメインカラーで使われていました。

 

 

なんとなくスウェーデンがよりクールに感じるのは、

公共物の色のためかもしれません。

 

 

The vehicle of Sweden

Sweden is the neighbor country of Denmark. That is also one of the reasons the distance of these countries is close, the atmosphere is similar to Denmark. We can enter a country without checking a passport though it is among different countries. It is like a domestic trip, you can go to neighbor countries feeling like from Tokyo to Osaka. That’s why supermarkets, grocery stores, electric stores are almost same.

However, I wonder what is different…… When I tried to think about the difference of those countries, I interpret that is the difference of color of public stuff.

For example, in posts case, the red posts are used in Denmark because the national flag is red color. In Sweden, it is yellow. Actually, I am not sure whether that is tie to a national flag or not, but I felt that the difference of color build the difference of atmosphere as well.

Well, the vehicle of Sweden.
The blue is used trains mainly, buses which run around a town, and bicycles are also.
Somehow I feel that Sweden is more cool might be the color of public stuff is cause.

 




海外格安航空券の空席と、海外格安ホテル空室情報がすぐわかる!

簡単!わかりやすい!DMM英会話

にほんブログ村 / 人気ブログランキングへ