2016.12.09

 

今日は

デンマークのワーホリビザの取得方法

について書こうと思います。

ワーホリについてはこちらの記事をご覧ください。

国によって申請方法、必要書類、ビザがおりるまで期間が異なります。

デンマークの場合だと、割と必要書類も多いし申請期間も長いです。

オーストラリアはメールで申請らしく、ビザもすぐもらえる(たぶん)

と友達が言ってました。

羨ましい、、、

 

ではデンマークのワーホリビザの取得手順です。

必要書類を集める

大使館に申請のアポイントをとる

大使館に行き、申請。

ビザ届く

と、ざっくりとこんな感じです。

 

 

必要書類はデンマーク大使館のホームページにも載っていますが、

  • パスポート
  • パスポートの全ページのコピー(僕は一応カラーでコピーしました)
  • 申請書(ここからダウンロード
  • パスポートサイズの証明写真2枚
  • 英訳の残高証明書。15000kr以上の残高があること。(日本円で27万円くらい)
  • 往復の航空券or予約証明書(片道の場合は帰りの分の航空券の料金も残高証明に含む必要あり。つまり27万+飛行機代があれば最低限大丈夫

 

この中で時間がかかるのは残高照明で

僕の場合、銀行窓口で頼んで手元に郵送されるまで10日ほどかかりました。

 

書類がそろったらデンマーク大使館にメールで連絡をして、

訪問日(平日のみだったはず)を決めます。(こちらに詳しく載ってます

ちなみに日本語でメールを送ったら英語で返信きました笑

ビザ申請には日本人の場合、お金はかかりません。

 

訪問当日は書類を渡し、写真を撮り、指紋撮り?チェック?などをします。

30分もかからず終わります。

受付の人は日本人の女性の方で日本語で普通に対応してくれました。

その後2ヶ月ちょっとでA4用紙2枚ほどの書類(ビザ)が

自宅に郵送されました。

 

申請自体はそれほど難しくないです。

ただ注意が必要なのは期間で、

受付の人にも、もし出発日までにビザが届かなかったら、

現地の移民局で受け取ってくれと言われ、

それはめんどそうなので、なるべく3ヶ月、

遅くても2ヶ月前までには申請をお勧めします。

 




海外格安航空券の空席と、海外格安ホテル空室情報がすぐわかる!

簡単!わかりやすい!DMM英会話

にほんブログ村 / 人気ブログランキングへ