2016.11.13

 

デンマークもワーキングホリデイビザが使える

のはご存知でしたか?

これから僕もデンマークにワーホリに行く者なので、

ちょっと行く前にデンマークのワーホリについて書いてみます。

 

そもそもワーキングホリデイとは?

ですが、

18〜30歳まで人が申請可能な与えられるビザで、

主に観光を目的でそれを補うために現地の学校に行ったり、仕事をするこ

も認められています。期間は国によって様々ですが、約1〜2年ほどです。

詳しくはこちらから↓

ワーキング・ホリデー – Wikipedia

 

ワーキングホリデイビザといえばカナダやオーストラリアが有名で、

僕がフィリピンに英語勉強しに行っていた時も、

そこに来ていた人の多くはその後カナダやオーストラリアにワーホリで

行くプランを持っていました。

 

彼らがそれらの国を選ぶ理由はそれぞれですが、

まず英語圏であること、また年間多くの人がワーホリで含め訪れるため、

ワーホリの土台ができており、ワーホリ向けの仕事も充実しているのだとか。。。

そして意外に稼げる(特に農家)僕の友人には一週間で15万ほどの収入や

1年で200万くらいは貯金できるらしい。

それに比べデンマークはほとんどワーホリが認知されておらず、

日本人の渡航者もかなり少ないのが現状です。

なので現地での生活は不便なことが多いし、

デンマークが就職難でもあるので、

デンマーク人ですら仕事を見つけるのも困難な状況みたいです。

ですがポジティブにとらえるとまだ未開拓な地であるので、

もともとのワーホリの目的である現地の文化を体験、

学べる環境としてはとてもいいのではないかと思います。

ちなみにデンマークは英語圏以外の国で世界で

3番目に英語が通じる国らしく、

特に若い人たちはとても流暢に英語を話せるとのことです。

こんなサイトありました↓

www.efjapan.co.jp

 

デンマークはとても小さい国ですが、

世界一幸福な国と言われるくらい福祉や、医療なども充実した国です。

今後はデンマークでのワーホリ体験も更新してこうと思いますー

 




海外ホテル検索、Booking.com

簡単!わかりやすい!DMM英会話

 

にほんブログ村 / 人気ブログランキングへ

保存保存

保存保存